Sansan

【Sansan Data Hub】自動関連づけに失敗した名刺レコードを確認したい(Salesforce連携)

概要

自動関連づけ機能を有効にすることで、[名刺] オブジェクトに転送された名刺データをもとに、取引先/取引先責任者/リードへの関連づけや新規作成、更新を行うことができます。

ここでは、何らかの理由で自動関連づけ処理ができなかった名刺レコードを確認するための、レポートの作成方法をご案内します。

※SansanData Hub は有償オプションです。まだご契約がお済みでない場合は、営業担当まで問い合わせてください。

※会社識別が難しいケースは、こちらのヘルプサイトをご参照ください。

 

手順

1. [レポート]タブに移動し、[新規レポート]をクリックします。


2.「レポートタイプを選択」から [名刺] を選択して、[続行] をクリックします。

 

3.  [検索条件] タブに移動して、以下の条件を指定します。

  • 表示:すべての名刺
  • 名刺登録日時:常時
  • 名刺関連づけ日時:次の文字列と一致する“”
  • 自動関連づけ対象フラグ:次の文字列と一致する“True”
  • 自動関連づけ処理済みフラグ:次の文字列と一致する“True”
  • 自動関連づけ対象フラグ:次の文字列と一致する“False”

 

 

4. 条件の右側にある▼マークをクリックして、[検索条件ロジックを追加]をクリックします。

 

5. 検索条件ロジックを以下のように設定します

1 AND ((2 AND 3) OR 4)

※条件として、以下のようになるように設定してください。

名刺関連づけ日時= "" AND ((自動関連づけ対象フラグ= True AND 自動関連づけ処理済みフラグ= True) OR 自動関連づけ対象フラグ= False)

 

6.  [アウトライン] タブに移動して、必要に応じて表示項目を追加します。
※推奨する表示項目は以下の通りです。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています