Sansan

【Sansan Data Hub】識別に失敗したレコードを確認したい(Salesforce連携)

概要

Sansan Data HubはSalesforceと連携させることで、連携先オブジェクトのデータを読み込み、識別をかけ、識別できたレコードに対して固有識別子である「SOC」・「CI人物ID」を付与します。

ここでは、Sansan Data Hubが識別できなかったレコードを確認するための、レポートの作成方法をご案内します。

※SansanData Hub は有償オプションです。まだご契約がお済みでない場合は、営業担当まで問い合わせてください。

※会社識別・人物識別が難しいケースは、こちらのヘルプサイトをご参照ください。

 

識別に失敗した取引先レコード確認する方法
識別に失敗した取引先責任者・リードレコードを確認する方法

 

識別に失敗した取引先レコード確認する方法

1. [レポート]タブに移動し、[新規レポート]をクリックします。


2.「レポートタイプを選択」から [取引先] を選択して、[続行] をクリックします。

 

3. [検索条件] タブに移動して、以下の条件を指定します。

  • 表示:すべての取引先
  • 最終更新日:常時
  • SOC(システム):次の文字列と一致する“”

 

 

4. [アウトライン]タブに移動して、必要に応じて表示項目を追加します。
※識別項目(住所など)を追加することで、Sansan Data Hubが識別で使用する項目に十分な情報が含まれているかを効率よく確認できます。

 

 

識別に失敗した取引先責任者・リードレコードを確認する方法

※以下では、取引先責任者を例に設定しています。 リードに対してレポートを作成する場合は、「レポートタイプを選択」時に「リード」を選択してください。

 

1. [レポート]タブに移動し、[新規レポート]をクリックします。

2. 「レポートタイプを選択」から[取引先責任者と取引先]を選択して、[続行]をクリックします。

 

3. [検索条件] タブに移動して、以下の条件を指定します。

    • 表示:すべての取引先
      ※リードに対してレポートを作成する場合は、「すべてのリード」を指定します。
    • 最終更新日:常時
    • SOC(システム):次の文字列と一致する“”
    • CI 人物 ID(システム) :次の文字列と一致する“”

 

 

4. 条件の右側にある▼マークをクリックして、「検索ロジックを追加」を選択します。

 

5. [1 AND 2] を [1 OR 2] に変更したうえで、「適用」をクリックします。

 

6. [アウトライン]タブに移動して、必要に応じて表示項目を追加します。
※識別項目(住所やメールアドレスなど)を追加することで、Sansan Data Hubが識別で使用する項目に十分な情報が含まれているかを効率よく確認できます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています