Sansan

【Sansan Data Hub】「名刺」オブジェクトとカスタム項目に対する権限の設定

概要

AppExchangeからパッケージをインストールすることで、カスタムオブジェクト・カスタム項目が作成されます。

ここでは、連携に必要な権限設定についてご案内いたします。

※ Salesforce連携は有償オプションです。ご契約がお済みでない場合は、営業担当までお問合わせください。

 

1. 「名刺」オブジェクトに対する権限の設定

Salesforce 認証で使用したユーザと、名刺オブジェクトを使用する一般ユーザに対して、以下の手順でカスタムオブジェクトへの権限を付与します。

 

Salesforce認証で使用したユーザに対する権限の付与

  1. Salesforce へシステム管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンから、[設定]をクリックします。
  3. [クイック検索]に「権限セット」と入力して、選択します。
  4. [Sansan データ連携実行ユーザ]をクリックします。

     

  5. [割り当ての管理] > [割り当てを追加]をクリックします。
  6. ユーザの一覧が表示されるので、Salesforce 認証で使用したユーザを選択し、[割り当て]をクリックします。
  7. [完了] をクリックして保存します。 (名刺オブジェクトを利用するSalesforceユーザを新しく登録された場合は、都度[Sansanユーザ]を割り当ててください。)
    ※名刺オブジェクトを利用するユーザに対して、プロファイルベースで権限を付与したい場合は、こちらをご参照ください。

 

名刺オブジェクトを使用する一般ユーザに対する権限の付与

  1. [権限セット] の画面より、[Sansanユーザ]をクリックします。

     

  2. [割り当ての管理] > [割り当てを追加]をクリックします。
  3. ユーザの一覧が表示されるので、名刺オブジェクトを利用するすべてのユーザを選択し、[割り当て]をクリックします。
  4. [完了] をクリックして保存します。
    (名刺オブジェクトを利用するSalesforceユーザを新しく登録された場合は、都度[Sansanユーザ]を割り当ててください。)
    ※名刺オブジェクトを利用するユーザに対して、プロファイルベースで権限を付与したい場合は、こちらをご参照ください。

 

 

2. カスタム項目に対する権限の設定

Salesforce 認証で使用したユーザと、名刺オブジェクトを使用する一般ユーザに対して、こちらの手順に従ってカスタムオブジェクトへの権限を付与します。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています