Sansan

【Sansan Data Hub】重複ルール作成前に「SOC」や「CI人物ID」が付与された場合の対処法

SalesforceではSOCやCI人物IDをキーとした重複ルール機能を設定することで、重複レコードを一覧するレポートを作成することができます。しかし重複ルールを作成する前にSOCやCI人物IDが付与されたレコードは、このレポートに表示させることができません。

ここでは重複レポートに表示されない重複登録レコードを、効率的に探し出す方法をご案内します。

 

事前準備

こちらの「一致ルールの設定」と「重複ルールの設定」の手順を完了してください。

 

レポート作成手順

1. 「新規レポート」をクリックします。

width=

 

2. [レポートタイプを選択]画面が表示されますので、重複レコードを確認したいオブジェクトを選択します。画像の例では「取引先」を選択していますが、「取引先責任者」や「リード」も選択可能です。

width=

 

3. レポートの定義画面が表示されます。「アウトライン」の「行をグループ化」において、「SOC(システム)」を追加します。

width=

※画像の例ではレポートタイプに[取引先]を選択したため「SOC(システム)」のみを追加しています。手順2.で[取引先責任者]や[リード]を選択した場合は、「SOC(システム)」と「CI人物ID(システム)」を追加してください。

 

4. 「検索条件」において、以下の条件を設定します。

width=

項目 設定内容
日付 日付 「作成日」「最終更新日」「最終活動日」いずれかを選択
範囲 「常時」を選択
SOC(システム) 演算子 「次の文字列と一致しない」を選択
入力欄 空欄(何も入力しない)

 

5. 画面右上の「保存&実行」ボタンをクリックして、レポートの保存と実行をしてください。

width=

 

重複レコードの抽出手順

1. レポート画面の「SOC(システム)」ヘッダにおいて「▼」ボタンをクリックして、並び順を降順にし、並び替え項目を「レコード件数」を選択してください。

width=

 

2. 重複レコードが優先して表示されるようになるため、取引先名をクリックしてマージを実行してください。重複レコードのマージにつきましては、Salesforce重複レコード抽出手順をご参照ください。

width=

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています