Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce初期設定

概要

Salesforce連携をお申し込みいただいてから運用開始できるようになるまで、複数のステップがございます。ここでは、Sansan Data Hubをご利用いただくにあたり、Salesforce側で必要となる初期設定についてご案内いたします。各ステップにおける詳細な手順はリンク先のサイトをご参照ください。

※ Salesforce連携機能は有償オプションとなっております。まだご契約がお済みでない場合、営業担当までお申し付けください。

 

初期設定

1.Salesforce上で名刺・名刺設定をタブ表示する

こちらに従って、Salesforce上に名刺・名刺設定オブジェクトを表示させます。
※名刺・名刺設定オブジェクトは、Sansan_CIパッケージをインストールすることで自動生成されます。

 

2. 取引先責任者/リードに関連づけ名刺を表示させる

こちらに従って、取引先責任者/リードの関連リストに名刺を追加します。
名刺が取引先責任者/リードに関連づいた際に、関連リストから関連づいた名刺を確認できるようになります。

 

3. 名刺設定オブジェクトの推奨設定手順

名刺設定オブジェクトより、以下の2つの設定を実施します。
自動関連づけ機能を使用する場合も、以下の設定は必須ですので、必ず両方の設定を実施してください。

関連づけ設定
手動関連づけ設定

 

4. Sansanの人物/会社情報を表示させる

こちらに従って、Sansanの人物/会社情報へのリンクをSalesforce上に表示させます。
表示したリンクをクリックすることで、Sansanの画面に簡単に移動することができます。

 

5. Salesforceオブジェクトへリッチ情報を表示させる

こちらに従って、取引先/取引先責任者/リードにリッチ情報が連携されているカスタム項目を表します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています