Sansan

Sansan連携用ユーザーの名刺の閲覧範囲をSalesforceに再連携する

Sansan連携用ユーザーの名刺の閲覧範囲を変更した場合や、閲覧範囲に新しいユーザーを追加、異動があった場合は、登録済みの名刺は自動で転送されません。手動で再連携していただく必要があります。

再連携後は24時間経過しないと再操作できませんので、ご注意ください。

 

手動再連携の手順

1. 画面右上の[<自分の名前>さん]>[管理者設定]>[外部サービス連携]をクリックします。
[外部サービス連携]画面が表示されます。



2. [Salesforce]のタブをクリックし、再連携したい連携先の[編集]をクリックします。


3. 新しく追加されたユーザーが含まれた一覧が表示されます。転送先 Salesforceユーザーが正しいか確認してください。

新しく追加されたユーザーの、現在までに取り込まれている名刺も転送したい場合は、[未転送データを送る]をクリックしてください。転送しない場合は、連携後から取り込まれた名刺から転送されます。そのまま、[設定完了]をクリックしてください。


4. [未転送データを送る]をクリックした場合、モーダルが表示されます。新しいユーザーを追加連携するので、[OK]をクリックしてください。


5.確認がすべて終わったら[設定完了]をクリックしてください。


6.確認のモーダルが表示されます。[OK]をクリックしてください。


7.一覧が表示されます。再連携の設定が完了したので、転送完了までお待ちください。

 

注意事項

  • 設定後は24時間経過しないと再連携の操作ができませんので、ご注意ください。
  • 既にSalesforceに連携済みの名刺の所有者は再連携しても更新されません。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています