Sansan

【Sansan Data Hub】レポートの確認

概要

ここでは、Salesforce連携にかかわるレポートの確認方法についてご案内いたします。

※ご利用の「Sansan_CI」パッケージのバージョンによって設定方法が異なります。
事前にご利用のバージョンをご確認ください。パッケージのバージョン番号の確認方法はこちらです。

 

 

V1.33以降のバージョンをご利用の場合

Salesforceの[レポート](「Sansanレポート」フォルダ)に、以下のレポートが自動で生成されます。こちらのレポートをご確認のうえ、識別できなかった/自動関連づけができなかったレコードの傾向をご確認ください。

レポート名:取引先責任者(SOC/CI人物IDが未識別) 
SOCもしくはCI人物IDが付与できなかった取引先責任者を確認できます。

レポート名:名刺(SOC/CI人物IDが未識別) 
SOCもしくはCI人物IDを付与できなかった名刺レコードを確認できます。

レポート名:名刺(自動関連づけエラー) 
SOC・CI人物IDが両方付与できているにもかかわらず自動関連づけ時にエラーになった名刺レコードを確認できます。

レポート名:取引先(SOCが識別不可) 
住所・電話番号のいずれかが不足していることでSOCが付与できなかった取引先を確認できます。

レポート名:取引先(SOCが重複) 
SOCが重複している取引先を確認できます。「SOC(システム)」のレコード件数で並び替え、2件以上重複が存在しているレコードをご確認ください。

 

V1.32以前のバージョンをご利用の場合

以下の手順より、3種類のレポートを作成のうえ、識別できなかった/自動関連づけができなかったレコードの傾向をご確認ください。

1. 重複しているレコードをレポートで確認する
2. 識別に失敗したレコードを確認する
3. 自動関連づけに失敗した名刺レコードを確認する

 

1.重複しているレコードをレポートで確認する

レポートの設定方法はこちら

重複しているレコードを確認する方法についてご案内しています。

レコードが重複している状態で自動関連づけ処理を実行した場合、以下のエラーが表示されます。

・取引先で「SOC」の項目が重複したため、名刺の自動関連づけは行えませんでした。
・取引先責任者で「SOC」「CI 人物ID」の項目が重複したため、名刺の自動関連づけは行えませんでした。
・リードで「SOC」「CI 人物ID」の項目が重複したため、名刺の自動関連づけは行えませんでした。

 

本エラーを解消するためには、重複しているレコードをマージするか、手動関連づけが必要です。

 

2. 識別に失敗したレコードを確認する

レポートの設定方法はこちら

SOC・CI人物IDの付与に失敗したレコードを確認する方法についてご案内しています。
いずれかのコードを付与できなかったレコードは、自動関連づけ処理時に存在しないものとして扱われるため、名刺から重複してレコードを作成してしまいます。

 

3.自動関連づけに失敗した名刺レコードを確認する

レポートの設定方法はこちら

エラーなどにより自動関連づけ処理ができなかった名刺レコードを確認する方法についてご案内しています。
自動関連づけが失敗した名刺レコードについては、エラーの原因となっているフロー・プロセスの見直しや、手動での関連づけが必要です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています