Sansan

[スマートフォーム] フォームの連携設定(STEP1/3)

STEP1では、貴社が所有するフォームのうち、Sansanに連携するフォームを選択します。

 

手順

1. 連携するフォームを選ぶ

貴社が所有するフォームの中から、Sansanに連携するフォームを選んでください。
今回は、以下のお問い合わせフォームを例にご案内します。

 

2. 1のフォームが連携可能かを確認する

連携するには、フォーム側で以下①〜⑤の条件を満たす必要があります。
必要に応じて貴社のフォーム管理者にご確認ください。

利用条件
① フォームが配置されている画面のソースコードが編集できる。
② フォームが配置されているサイトがHTTPSを用いて提供されている。
③ フォームが<form>タグで実装されている。
④ <form>タグが<iframe>内に記載されていない。
⑤ 送信ボタンが type="submit"である。
 (登録内容の送信をJavascriptで行っている場合は不可)

 

3. 必要な情報を控える

連携するフォームが決定したら、以下の情報をPC内のテキストエディタなどに控えておいてください。
これらの情報は、STEP2以降の作業で必要です。

 

①フォーム名

連携するフォームの名称です。名称がない場合などは、任意でご指定いただいて構いません。(例:お問い合わせフォーム、資料請求フォーム など)

②フォームのURL

連携するフォーム画面のURLです。

③連携する項目

連携する項目名です。Sansanに取り込む必要がない項目は省いていただいても構いません。
また、データ形式(input type)がcheckboxもしくはradioの場合、以降の設定が一部異なります。いずれかの形式で設置されている項目は、併せて控えておいてください。

 

4. 完了(STEP2へ)

3が確認できたらSTEP1の作業は完了です。 続けて、STEP2に進んでください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています