Sansan

[スマートフォーム] フォームの連携設定(STEP3/3)

STEP3では、STEP2で発行したコードを、連携する貴社所有フォームのHTMLに追加します。
設定には、フォームのソースコードの編集が必要です。

 

※ HTML上での作業を外部の方に依頼される場合は、こちらをご覧ください。

※ 連携用のコードは、送信が完了する直前の画面に追加してください。

手順

1. 連携用のスクリプトとコードを追加

1-1. スクリプトを追加

Sansan上からスマートフォーム編集画面の [フォーム連携] タブを確認します。
①の「スクリプトを設置」に記載された手順に従って、スクリプトを所定の箇所に追加してください。

 

1-2. 各項目の連携用コードを追加

続けて、連携する各項目の所定の箇所に、STEP2で作成した連携用のコードを追加してください。連携設定における注意事項は、以下をご覧ください。
[スマートフォーム] フォームの連携設定(注意事項)

 

外部の方に設定を依頼される場合

連携用のスクリプト及びコード一覧をまとめてコピーすることが可能です。
画面右側の「連携用コードを共有」から連携用コード一覧をコピーし、任意の方法で依頼先に共有してください。

 

 

2. 該当のフォームからテスト送信

2が完了したら、正常に連携されていることを確認するためにテスト送信を行います。該当のフォームから任意の情報を入力・送信してください。送信内容は、後ほど回答一覧から削除可能です。

 

3. 回答一覧から確認

テスト送信後、回答一覧画面から3で送信したデータを確認します。以下の画像のように、送信内容が正しく表示されていれば作業完了です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています