Sansan

メッセージを確認・返信する

ここでは同僚から届いたメッセージを確認する方法と、返信する方法についてご案内致します。

 

ポイント

  • メッセージは画面上部のメニュー[メッセージ(β)]と[人物詳細]、[新規コンタクト作成]、[コンタクト詳細]画面の4箇所から確認することが出来ます。
  • 同僚を追加でメンションすることが出来ます。文中では"@"を使うことでメンション可能です。
  • 名刺を追加で引用することが出来ます。文中では"#"を使うことで引用可能です。
  • 名刺を引用した場合、メッセージのやり取りは人物画面からも確認いただけます。

 

画面上部のメニューからメッセージを確認・返信する

1. [メッセージ(β)]をクリックします。

 

2. メッセージ一覧の中から確認したいメッセージをクリックします。

 

3. メッセージ本文と宛先、引用する名刺を設定し送信することで相手に返信することが出来ます。

 

 

人物画面からメッセージを確認・返信する

特定の人物に関するメッセージのやり取りを確認したい場合は、人物画面から確認いただけます。

 

1. 名刺を検索し、氏名をクリックします。

 

2. [メッセージ(β)]を選択します。

 

3. メッセージ一覧の中から確認したいメッセージをクリックします。

 

4. メッセージ本文と宛先、引用する名刺を設定し送信することで相手に返信することが出来ます。

 

 

同僚をメンションする

メンションとは

メンションとは同僚を指定する行為です。
メンションすると相手に通知が届き、メッセージに気づいてもらえます。
画面上部のメニュー[メッセージ(β)]をクリックすると表示される[メッセージ一覧]からは自分がメンションされたメッセージが一覧で確認いただけます。

 

メンションする方法

メッセージを通知したい同僚のユーザ名もしくはメールアドレスを宛先欄に入力すると候補ユーザが表示されますので、メンションしたい同僚を選択してください。
文中では"@+(ユーザ名orメールアドレス)"でメンションすることが出来ます。

※文中でメンションした場合でも、宛先欄のユーザ名を消してしまうと相手に通知が届きませんのでご注意ください。
※既に過去のメッセージのやり取りの中でメンションされている場合は、改めてメンションしなくても通知が届きます。

 

名刺を引用する

名刺欄に引用したい名刺の会社名もしくは氏名を入力すると候補ユーザが表示されますので、引用したい名刺を選択してください。
文中では"#+(会社名orユーザ名)"で引用することが出来ます。名刺を引用したメッセージは該当の人物画面から履歴を確認できます。

※文中で引用した場合でも、名刺欄から名前を消してしまうと人物画面から参照できなくなりますのでご注意ください。
※既に過去のメッセージのやり取りの中で該当人物の名刺が引用されている場合は、改めて引用せずとも引き続き人物画面から確認いただけます。

 

関連ページ