ステータスと結果の確認方法 [メール配信]

メール一括配信の配信ステータスの意味と確認方法についてご案内いたします。

 

ポイント

メール一括配信では以下状況を確認することができます。
配信単位の配信ステータス
各宛先毎の配信ステータス
トラブルシューティング 「宛先に指定したタグ件数と配信件数に差異がある」

 

手順

配信単位の配信ステータスを確認する方法

1. [メール配信] > [配信一覧] をクリックします。

 

2. 下書き、配信予約中または配信済み等、各ステータスのメールが一覧で表示されます。表示内容を条件で絞り込みたい場合は、画面上部のフィルターにて絞り込みが行えます。

 

 各ステータス毎の意味は以下の通りです。

項目 説明
下書き 下書き状態のメールを表示します
配信予約中 配信予約中の配信を表します。
配信済み 配信されたメールを表示します

 

各宛先毎の配信ステータスを確認する方法

1. [メール配信] > [配信一覧] をクリックします。


 

2. 1件毎に 予約/成功/不達 の名刺の件数が表示されます。詳細を確認する場合は、数字をクリックします。


各配信数の内容は以下の通りです。

項目 説明
予約 宛先の総数です。
成功 配信が成功した総数です。
※ エラーメールが届くまでは1日程度かかる場合がありそれまでの間は [成功数] にカウントされます。
※ メール配信の成否は配信後、1日お待ち頂いてから確認して下さい。
不達 配信に失敗した (=不達) 総数です。

 
3. 予定数・不達数をクリックした場合は、配信ステータスを確認することができます。

 

不達となった配信ステータスの意味は以下の通りです。

項目 説明
ユーザ不明 送信先のユーザが存在しない場合や、既にユーザがそのメールアドレスを使用していなかった場合などに生じます。メールアドレスの @ より前の部分が間違っている可能性もあります。該当のメールアドレスは「フィルター管理」の「不達」に追加され、以後メール一括配信の宛先から除外されます。
ホスト不明 送信先のホストが存在しない場合に生じます。メールアドレスの @ より後ろの部分が間違っている可能性もあります。該当のメールアドレスは「フィルター管理」の「不達」に追加され、以後メール一括配信の宛先から除外されます。
受信拒否 送信先のユーザまたはサーバーが受け取り拒否の設定をしているために、メールを届けることができなかった場合に生じます。
ディスク容量不足 送信先のユーザのメールボックスがいっぱいのため、メールを届けることができなかった場合に生じます。再送することで到達する可能性があります。
時間切れ 送信側あるいは、受信側のネットワークの問題により、メールを届けることができなかった場合に生じます。再送することで到達する可能性があります。
中継エラー 送信側から受信側の間のメールの経路に問題があるため、メールを届けることができなかった場合に生じます。再送することで到達する可能性があります。
サーバー設定エラー 送信側から受信側の間のメールの経路に問題があるため、メールを届けることができなかった場合に生じます。再送することで到達する可能性があります。
ユーザ設定エラー 送信先のユーザの設定などが間違っているため、メールを届けることができなかった場合に生じます。再送することで到達する可能性があります。メールアドレスが間違っている可能性もあります。
その他 エラーメッセージにエラーの理由が書かれていないため、エラータイプが判別できない場合です。
自動応答 メールを受信したという自動応答メールなどを受け取ったことを意味します。
メールアドレスの形式エラー メールアドレスが不正であったために、メールを届けることができなかった場合に生じます。
一時エラー 配信できなかったメールの再送を試みています。一定の期間再送を行い、最終的に「成功」もしくは「不達」となります。不達の場合、配信ステータスは他のいずれかの項目に変わります。
解析不能 エラーメッセージを解析できず、他のエラータイプに分類することができないエラーです。

※ 配信ステータスが [ユーザ不明] [ホスト不明] [受信拒否] [解析不能] の場合、フィルター管理の [不達] に自動で追加されます。フィルター管理について詳しくは [こちら] をご覧ください。