Sansan

アプリで名刺をスキャンする (カメラで撮影) [スマートフォンアプリ]

スマートフォンアプリでは、カメラで名刺を撮影し、名刺データをセンターに送ることができます。
スマートフォンアプリでの名刺取り込みについて、注意点を案内します。

 

ポイント

  • 手書き日付の入力には対応していません。
  • 重要度は選択できません。標準で登録します。
  • スマートフォンからの名刺スキャンは、スキャナからのスキャン同様に課金対象です。
  • iPad にインストールしてご利用の場合、画面が分割された状態ではカメラを使用できません。画面分割を終了してから撮影してください。

 

名刺自動検出ONの場合

複数の名刺を自動で検出します。認識しにくい場合は、名刺自動検出をOFF にして1枚ずつ撮影してください。

両面撮影をしたい場合は左下の「片面/両面」をタップし、おもてとうら両方撮影してください。

 

名刺自動検出OFFの場合

枠に合わせて1枚ずつ名刺を撮影します。

両面撮影をしたい場合は左下の「片面/両面」をタップし、おもて面とうら面を両方撮影してください。

両面撮影
名刺1枚につき、表面、裏面の両方を撮影します。おもて面で設定した言語判定によりデータ化します。データ化のカウントは1枚分です。
別の言語を設定
複数の入力希望言語を選択できます。表面・裏面に限らず、データ化したい言語をそれぞれ選ぶことで、その言語での名刺をそれぞれ作成いたします。
複数言語入力/両面入力とは

※ 説明画面は iPhone版です。

この記事は役に立ちましたか?
82人中55人がこの記事が役に立ったと言っています