Sansan

手書き日付を名刺交換日としてスキャンする

ここでは手書き日付を名刺交換日として入力する方法についてご案内します。
名刺に手書きで日付を記載し、手書きの日付を優先する設定で名刺をスキャンしていただくことで、オペレータはこの日付を名刺交換日として、ベストエフォートで入力いたします。

 

手順

名刺スキャン時、タブレットPCにて「手書きの名刺交換日を優先」を選択してください。この状態で「スキャン」をタッチすると、オペレータは手書き日付を優先して名刺交換日を入力いたします。

 

オペレータによる手書き日付入力不可時の対応

「手書きの名刺交換日を優先」を選択していても、名刺に手書き日付が記載されていない (判読できない) 場合や、日付として認められない場合は、名刺取込み時にスキャナアプリにて選択した内容を元に、名刺交換日が登録されます。

・「カレンダーアイコン」、「今日」を選択した場合
名刺交換日の欄に指定された日付が表示され、 名刺交換日として設定されます。
・「名刺交換日は不明」のチェックボックスを選択した場合
名刺交換日は設定されません。

 

「手書きの名刺交換日を優先」をデフォルト ON に設定する

本設定は、設定して頂いたSansanスキャナにのみ適用・反映されます。複数台をご利用の場合は、必要に応じて各端末に設定してください。

以下設定にてスキャンすると、常時手書き名刺交換日優先のスキャンとしてデータが送信されます。
1. [メニュー] > [スキャナ設定] をタッチします。



2. [手書き日付のデフォルト設定] をONにします。
ONにしたら右下にある[保存]をタッチします。

4. 通常通り名刺をスキャンします。

 

注意事項

  • 手書き文字の入力は、表記によって正確な読み取りが困難な場合があるため、品質保証外(ベストエフォート)となります。
  • 入力されやすい日付の形式は「入力ルール」に記載されていますので、事前にご確認ください。

 

関連ページ

入力ルール

この記事は役に立ちましたか?
23人中13人がこの記事が役に立ったと言っています