Sansan

プロフィールページとは

自分や社内の同僚に関する Sansan の情報が確認できます。 名刺の共有や社内のつながりを体感するため、[プロフィール]画面を確認してみましょう。

 

画面詳細

ポイント

1. 社内電話帳として利用できます。
プロフィール情報の連絡先を設定することにより、同僚の連絡先を見ることができます。
※管理者が連絡先を一括設定する場合の操作方法はこちら

 

2. 名刺交換の傾向から同僚の強みがわかります。
強みを可視化することでその時頼るべき同僚かどうかの判断ができます。

 

3. 過去に遡って経歴を確認できます。
キャリア情報を設定することにより、現職での経歴や前職での経歴を見ることができます。
※キャリア情報は管理者が設定する必要があります。設定方法はこちら

 

 

① ユーザアイコン
設定している画像が表示されます。
② 基本情報
ユーザ名、部署・役職名、名刺所有枚数が表示されます。
③ 自己紹介文を追加
自己紹介文を登録できます。自己紹介文は200文字まで入力可能です。
④ 連絡先
設定した電話番号とログインメールアドレスが表示されます。
編集アイコン
ユーザが自分の電話番号を設定できます。
⑥ 経歴
管理者が設定したキャリア情報が表示されます。
⑦ キーワード
これまでに名刺交換した相手の企業の特徴や属性を表すキーワードが表示されます。
⑧ 名刺交換の傾向
過去の名刺交換から導き出された特徴がカテゴリごとに分類されて表示されます。
⑨ よく知る企業
ユーザが所有する企業別名刺枚数の上位10件が表示されます。

※ 同僚のプロフィール上から[メッセージを作成]をクリックすると、同僚に直接メッセージを送ることができます。

 

画面詳細(同僚機能がないお客様向け)

ポイント

1. 人脈紹介を同僚へ簡単に依頼できます。
同僚に対して「○○さんを紹介してほしい」と依頼する場合、[プロフィール]画面から同僚にメッセージを送ることができます。

 

2. 同僚の活動状況がわかります。
名刺の交換枚数や名刺登録上位企業から、活動状況やつながりが太い企業がわかることで、同僚の業務内容をイメージすることが可能です。

 

3. 職歴を確認できます。
「自己名刺」を設定することにより、異動前の所属部署や役職、前職の会社などを見ることができます。
※「自己名刺」はユーザ自身で設定する必要があります。設定方法はこちら

 

 

① ユーザアイコン
設定している画像が表示されます。
② 基本情報
ユーザ名、部署名、メールアドレスが表示されます。
③メッセージを作成
[メッセージを作成]画面が起動し、同僚にメッセージを送ることができます。
④ 名刺登録枚数
ユーザが所有する名刺枚数が表示されます。
⑤ 登録名刺上位企業
ユーザが所有する企業別名刺の上位10件が表示されます。
⑥ 自己名刺
登録された「自己名刺」が表示されます。

 

[プロフィール]画面の表示方法

・あなたの[プロフィール]画面への遷移方法
画面右上の[ユーザ名]>[プロフィール]をクリックします。

・同僚の[プロフィール]画面への遷移方法
各画面の[ユーザ名]をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
10人中6人がこの記事が役に立ったと言っています