Microsoft Teamsで社外出席者にデジタル名刺を送信する

ここではMicrosoft Teams上で社外出席者にデジタル名刺を送る手順についてご案内します。

 

利用開始する手順

管理者による連携設定

1. [① 管理者設定]メニュー内の[② 外部サービス連携]から[③ Microsoft 365]タブをクリックし、画面を開きます。

 

2. [Teams]の[許可する]にチェックを入れ、[保存]をクリックします。

 

各ユーザによる設定

こちらの手順に従って、Microsoft Teams連携用アプリをインストールします。

 

デジタル名刺を送信する手順

アプリで送信する手順

1. Microsoft Teams上に表示された[Sansan]アプリをクリックし、Sansan のログインメールアドレス、パスワードでログインします。

 

2. カレンダーに登録された、社外出席者が含まれる予定が表示されるので、デジタル名刺を事前に送信したい予定の[概要]をクリックします。

 

3. [内容を確認してメールを送信]をクリックします。

 

4. 必要に応じて件名、本文を修正し、[送信]をクリックします。メールの内容が社外出席者に送信されます。

 

Web会議中に送信する手順

こちらをご参照ください。

 

 

よくある質問

Q:カレンダーにある予定が表示されません。「Teamsの予定に社外の方を入れて登録してみましょう」と表示されます。

A:Microsoft Teamsの[Sansan]アプリには、以下の条件にすべて当てはまる予定が表示されます。
・予定が未来日で登録されている
・予定がキャンセルされていない
・1ヶ月以内の予定である
・社外出席者(ドメインの異なるメールアドレス)が登録されている
・自分が予定作成者または社内出席者である(※1)
※1 Sansan のログインメールアドレスのドメインと一致しているメールアドレスが社内出席者とみなされます。 Microsoft TeamsにログインしているメールアドレスのドメインとSansan のログインメールアドレスが異なる場合、自分で予定を作成しても、社内出席者とみなされません。

 

Q:社内の同僚が、社外出席者として表示されます。

A:Microsoft Teamsの[Sansan]アプリにログインしたユーザの、Sansan ログインメールアドレスのドメインと
予定表上の出席者のメールアドレスのドメインが異なる場合、社外出席者と判定されます。
社外出席者と判定された人物を、社内出席者に設定変更する方法はありません。

(例)「aaa@example.com」がSansan ログインメールアドレスの場合
・出席者A「bbb@example.com」→社内出席者
・出席者B「ccc@example.co.jp」→社外出席者
・出席者C「ddd@sansan.com」→社外出席者

 

Q:「デジタル名刺の設定が必要な同僚」と表示されている同僚がいます。

A:デジタル名刺が登録されていない、またはデジタル名刺URLが発行されていない可能性があります。 該当のユーザにご確認ください。設定後は、Microsoft Teamsの右上にある[再読み込み]をクリックすると、反映されます。

 

Microsoft Teams、Microsoft 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています