Sansan

Contract Oneと連携する

Contract Oneの契約書情報をSansanに連携するための手順をご説明します。

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

 

概要

SansanとContract Oneを連携することで、Contract Oneに登録された契約書情報をSansanの各会社詳細画面から閲覧できます。

 

利用条件

Sansan上でContract Oneに登録済みの契約情報を閲覧するには、Sansanのログインメールアドレスと一致するContract Oneのアカウントが必要です。

 

設定手順

1.Contract OneからSansan連携Keyの取得画面を開く

まずは、Contract One側で連携に必要なSansan連携 Keyを発行・取得します。
Contract Oneのシステム管理ユーザーにて、Contract Oneにログイン後、右上のメニューアイコンから [①システム設定] > [②Sansan連携]をクリックし、Sansan連携画面を開いてください。

 

2. Sansan連携Keyを発行

「①Sansan連携Keyを発行」ボタンから連携に必要なKeyを発行した後、「②コピー」ボタンをクリックして該当のSansan連携Keyをコピーしてください。
Contract Oneでの作業はこれで完了です。

 

3. SansanからContract One連携画面を開く

続けて、Sansan側に先程コピーしたKeyを入力し、連携を開始します。
Sansanのシステム管理者にて、Sansanにログイン後、右上のメニューアイコンから [管理者設定] > [外部連携サービス] をクリックし、Contract Oneの連携設定画面を開いてください。

 

4. 利用設定を許可する

利用設定の「許可する」にチェックを入れます。

 

5. Sansan連携Keyを入力して保存する

表示されたSansan連携Keyの入力フォームに、先程Contract OneでコピーしたKeyを入力後、「保存」ボタンを押すと連携が開始されます。

※ 保存後は、Contract One連携が開始されたことを貴社システム管理者にメールで通知します。
※ 保存ボタン押下後、数秒〜数分程度でContract Oneに登録されているすべての契約書情報が、Sansan上の各企業の会社詳細画面に表示されます。各ユーザーは、Contract Oneでアクセス可能な契約書情報のみ閲覧可能です。

 

連携停止

Sansanのシステム管理者にて、設定画面内の利用設定「許可する」のチェックを外し「保存」ボタンを押してください。連携を停止すると、会社詳細画面に表示中の契約情報はすべて非表示になります。

※ Contract OneのSansan連携画面から、発行済みのSansan連携Keyを削除した場合も連携は停止され、Sansan上の契約情報は非表示になります。その際、連携を再開する場合は、再度Contract One側でSansan連携Keyを発行し、Sansan側のContract One連携設定画面への入力、保存が必要です。

 

注意事項

  • 連携設定には、SansanとContract One、それぞれでの作業が必要です。Sansanはシステム管理者、Contract Oneはシステム管理ユーザー権限を持つユーザーにて実施してください。
  • 連携完了まで数分のお時間を要する場合があります。
  • Sansanをご利用中の各ユーザーには、Contract Oneでアクセス可能な契約書情報のみ閲覧可能です。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています