メール署名取り込みとは

名刺交換できていない相手の連絡先を、メールの署名や差出人情報から自動で抽出し、Sansan上に名刺候補として表示できる機能です。
メールだけでやりとりする相手の顧客情報を、名刺データと同様の形式で一元管理できます。

 

メール署名取り込みの活用例

メールの相手の連絡先を簡単に蓄積・共有

メールから、署名を自動で抽出し、名刺候補として表示します。表示された名刺候補の中から、マイデータに取り込む名刺を選択することができます。
名刺をスキャンして共有するように、全社員の人脈を社内で簡単に可視化し、共有できます。

 

相手の関連情報の把握が可能に

メールのやりとりからSansan上に名刺データが蓄積されることで、企業情報や関連するニュース、同僚との接点もひも付いて把握できるようになります。さまざまなビジネスデータが付加されることで、営業力の強化や売り上げの最大化に貢献します。

 

利用方法

メール署名取り込みの利用設定はこちら

なお、機能の利用にはGmail™、もしくはExchange Onlineとの接続が必要です。
詳しい設定方法は下記からご確認ください。

Gmail™で利用する場合はこちら
Exchange Onlineで利用する場合はこちら

 

※ Gmail は Google LLC の商標です。
※ Exchange Onlineは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています