Sansan

部門管理者とは

部門管理者とは、特定の部門においてシステム管理者と同等の権限を持つユーザ区分です。 ここでは部門管理者の権限範囲や設定方法について説明します。

 

1.基本の考え方

部門管理者は一般ユーザと違い、Sansan を利用する上での管理権限を持つ重要なユーザです。 管理権限の適用範囲は指定された部門内に限定されますので、管理対象外の部署に対して一切の管理操作はできません。

 

2.部門管理者ができること

① 管理対象部署に所属するユーザの操作

  • ユーザ追加・変更(一部制限あり)
  • 管理者の操作部署設定
  • 招待ユーザの承認
  • 並び順変更

 

② 管理対象部署に所属するユーザが所有するデータの操作

  • 所有者変更
  • 名刺インポート
  • Webフォーム連携
  • 外部サービス連携(API連携のみ)

 

③ 管理対象部署に関わる操作

  • 部署追加・編集・削除
  • アクセス権限設定
  • 階層・並び順変更
  • スキャナ表示部署設定

 

3.部門管理者ができないこと

① 全社・契約に関わる操作

  • 招待機能の設定
  • コンタクト設定
  • 会社マスタ設定
  • セキュリティ設定

 

② 個人の所有範囲を越えたデータの更新・持ち出しに関わる権限の操作

ユーザ追加・変更での一部権限の操作

  • 全データ更新
  • 名刺・コンタクトの全データ・ダウンロード
  • Salesforce連携
  • 案件管理者
  • API連携
  • 利用実績の確認
  • 組織ツリーダウンロード

 

4.部門管理者の設定方法

① 部門管理者権限を付与する

部門管理者権限の付与は、ユーザ追加・変更から行います。

 

変更対象となるユーザのユーザ区分を部門管理者に設定します。

※ファイル読み込みを利用しユーザ区分を変更する場合は、こちらを参考にしてください。

 

② 操作可能にする部門を設定する

部門管理者権限が付与されると、所属部門が操作対象として初期設定されます。操作対象部門を変更したい場合は、管理者の操作部署設定から行います。

 

変更対象となるユーザを選択します。

 

操作可能にする部署を設定します。