Sansan

Concur Expenseと連携する

概要

Concur Expense と Sansan を連携することで Concur Expense での経費精算時に Sansan の名刺情報を同席者情報として利用することができます。

 

本機能を利用開始するためには、Sansan「Concur Expense × Sansan連携」と SAP Concur「Concur Expense Professional」を契約している必要があります。また、Sansanの管理者による外部連携設定および各ユーザによる個人設定が必要です。

 

※ Concur Expense では、経費の同席者を「取引先」「従業員」など「同席者タイプ」という区分で管理します。Sansan とConcurExpense を連携する際は、連携用の「同席者タイプ」を1つ選択していただきます。Sansan から連携した同席者とそれ以外を区別し、導入効果を最大化いただくため Sansan連携用の「同席者タイプ」を作成いただくことを推奨しております。

 

 

ご利用までの流れ

1. 管理者による連携設定

1. Concur Expense で同席者タイプを作成する

1. Concur Expense ページにアクセスします。
2. 画面右上から管理ページにアクセスします。
3. 「経費精算の管理」、「同席者」から Sansanで利用する同席者タイプを新規で追加し、「グループ構成」から追加して同席者タイプを設定します。
4. 上部メニューからApp Centerにアクセスし、Sansanアプリを検索し表示させます。
5. 「接続」ボタンからアプリを接続し、SansanにログインしSansanとの連携画面が表示されるので Concur Expense との連携を許可します。

 

2. 外部サービス連携画面を開く

「① 管理者設定」メニュー内の「② 外部サービス連携」から「③ Concur Expense」タブをクリックし、画面を開きます。

 

3. 連携を許可し、同席者タイプを設定する

画面上の「①許可する」にチェックを入れると、Concur Expenseの同席者タイプのプルダウンが表示されます。1-3で作成した同席者タイプを選択し、保存してください。

 

2. 各ユーザーの個人設定

1. 外部サービス連携画面を開く

ユーザーアイコンから「設定」左側のメニューから「外部サービス連携設定」カテゴリ内の「Concur Expense」をクリックし、画面を開きます。
※ 管理者の連携開始後、ユーザーへ利用アシストメールが送信され、メールから設定画面へ遷移することができます。

 

2. Concur Expense に連携する

Concur Expense のログインIDを Sansanに保存すると連携完了です。
※ IDが保存されていない場合、Concur Expense へ名刺を送信することはできません。

連携される名刺情報についてはこちらをご覧ください。

 

 

連携停止

1. 管理者による全ユーザーの連携停止

「管理者設定」メニュー内の「外部サービス連携」から「① Concur Expense」タブをクリックし、画面を開きます。画面上の「② 許可する」チェックボックスを外し、保存します。

※ 連携を解除すると、全ユーザの連携が一括解除されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています