Sansan

リスクチェックに関するよくある質問

データ化された名刺のデータとRefinitiv社のリスク関連データを照らし合わせ、リスクのある会社を検出します。
名刺交換相手がリスクのある会社に所属していた場合、同じ名刺を所有している全ユーザーにその旨が通知されるため、リスクを持つ会社を早い段階で検知できます。

 

スクリーニングの対象

Q : 手入力した名刺やインポートした名刺はスクリーニングされますか?

A:されません。詳細はこちらをご覧ください。

 

Q : 非公開や削除済の名刺はスクリーニングされますか?

A:されません。

 

Q : スクリーニング未実施、とはなんですか?

A:スクリーニング未実施についての詳細はこちらのヘルプをご確認ください。

 

Q : スクリーニングの結果が思っていたより少ないのですがなぜですか?

A:スクリーニングの対象外(スクリーニング未実施)である可能性があります。こちらを参照の上、当てはまるケースがないかご確認ください。

 

リスクチェック担当者

Q : リスクチェック担当者へのメール通知はありますか?

A:ありません。詳細はこちらをご確認ください。

 

Q :アクセス権限の設定があると、リスクチェック担当者にどのような影響がありますか?

A:適切なリスクチェックが行えない可能性があります。詳細はこちらをご確認ください。

 

Q :リスクチェックの流れを教えてください。

A:リスクチェックの流れについてはこちらをご確認ください。

 

評価済一覧

Q : 評価済一覧から会社を削除してしまった場合どうしたらいいですか?

A:会社を削除してしまった場合の対処方法は、こちらをご確認ください。

 

Q : リスク情報アップデート日とはなんですか?

A:リスク情報アップデート日については、こちらをご確認ください。

 

Q : 要評価一覧画面で「会社リスク情報」「代表リスク情報」の数が0件になりましたが、なぜですか?

A: データベースの更新による可能性があります。詳細はこちらをご確認ください。

 

一括リスクチェック

Q : 一括リスクチェックは評価済一覧の企業も対象になりますか。

A: 評価済一覧の企業も対象になります。詳細はこちらをご確認ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています