Sansan

商談管理オプションとは

商談管理オプションは Sansanの「会社詳細」画面に Salesforce の「商談に関する情報」を表示させる機能です。これによって Salesforce にアクセスすることなく、商談状況や関係者情報が分かるようになり、相手先との関係値を把握できます。
※ 本機能は Salesforce連携機能の有償オプションが必要です。まだご契約がお済みでない場合、営業担当までお申し付けください。

 

ご利用までの流れ

1. 初期設定

  1. 初期設定開始案内を確認
    本機能が利用可能になったタイミングで貴社の全管理者向けにSansanからの初期設定の案内メールを配信します。
    また、本メールを経由しなくても「① 管理者設定」の「② Sansan Plus」メニュー内、「商談管理オプション for Salesforce」テーブルの右側にある「③ 初期設定を開始」ボタンから直接初期設定を開始することができます。
  2. [Step1] Salesforceで接続する環境を選択し、接続する
    ※ Sandboxを接続環境として選んだ場合、設定の内容は貴社の全システム管理者のみに公開されます。
  3. [Step2-1] 会社の名寄せに使う項目を選択する
    Salesforceからの商談関連情報をSansanのどの会社に紐付けるかを判断するためには会社の特定(会社名寄せ)が必要です。本Stepではこの名寄せに使うSalesforce側の会社関連項目を指定します。 
    ※ 本機能の名寄項目についての詳しくはこちらをご覧ください。
    ※ Salesforceの各オブジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください。

    ※ 会社名寄せの精度向上のため、「会社名」「住所」「TEL1」に紐づく項目は必ず1つ以上選択してください。
  4. [Step2-2] 会社詳細画面に表示する項目を選択する
    Salesforceからは「商談名」「フェーズ」「最終更新者」「最終更新日」「商談所有者」の5つの商談関連項目が連携されます。これらの項目はSansanの「会社詳細」画面に表示されます。 会社詳細に表示したくない項目は、チェックを外すことで非表示にすることができます。
  5. [Step3] 会社詳細画面上に表示させたい機能名を入力する
    [Step2-2] で選択した商談関連項目を会社詳細に表示する際、その名称を貴社運用方針に合わせて100文字まで入力することができます。入力した機能名は、初期設定を完了した後でもいつでも簡単に編集することができます。
  6. 初期設定の完了・利用開始
    [Step3] 画面で「完了」ボタンをクリックすると、初期設定を完了確認の画面が表示されます。
    ① の「利用開始」をクリック
    (1)Sandbox環境を選択している場合 → 全システム管理者に設定内容が公開されます。
    (2)本番環境を選択している場合 → 全ユーザーに設定内容が公開されます。

    ② の「利用開始せずに設定を完了する」リンクをクリック
    設定内容は全て保存され、初期設定が完了します。

    利用開始せず初期設定を完了後、後から利用を開始したい場合は管理者メニューのSansan Plus >「① 利用開始する」ボタンから利用を開始することができます。

 

2. 設定編集・利用停止

  1. 初期設定内容の編集
    初期設定完了後、管理者メニューの Sansan Plus >「① 設定を編集」リンクから設定内容を編集することができます。
  2. 利用停止
    利用開始後、管理者メニューの Sansan Plus >「② 利用停止する」ボタンから利用を停止することができます。

    ※ 利用停止すると、対象画面上の全ての設定内容が非表示に切り替わります。非表示にした内容を再び表示したい場合は、「利用開始する」ボタンから操作してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています