Sansan

リスクチェック担当者の設定

リスクチェック担当者とは

リスクチェック機能を利用し、取引先のリスク評価などを行う担当者のことです。 貴社システム管理者によって、リスクチェック初期設定時に、担当者を指定する必要があります。

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

 

リスクチェック作業の流れについては、こちら

 

リスクチェック担当者の指定方法

初期設定が完了していない場合

[① 管理者設定]>[② Sansan Plus]>[リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC]の右側にある[③ 初期設定を開始]をクリックします。




[① リスクチェック担当者の指定] から、担当者を指定してください。

※ 「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」のどちらかで、すでにリスクチェック担当者が指定されている場合、利用開始時に、そのままリスクチェック担当者が同期されます。

※ 利用開始の設定は同期されないため、「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」の各自で、「利用開始」を行う必要があります。

 

 

初期設定が完了している場合

すでに初期設定が完了している場合は、 [管理者設定] > [Sansan Plus] >[リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC] の[設定を編集]からリスクチェック担当者を編集・削除することができます。


 

関連ページ

リスクチェック powered by Refinitiv についてはこちら
リスクチェック powered by KYCC についてはこちら
アクセス権限についてはこちら

 

この記事は役に立ちましたか?
11人中11人がこの記事が役に立ったと言っています