Microsoft Outlookと連携する

ここではMicrosoft 365のMicrosoft Outlook(以下、Outlook)との連携をご利用いただくまでの流れについてご説明します。

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

Microsoft 365のOutlookとSansanを連携することで、Sansanの名刺情報をOutlookの連絡先として利用することができます。連携後に名刺情報に更新があった場合はOutlookにも自動で同期されます。

 

利用条件

  • 本機能を利用開始するためには、Exchange Onlineを含むMicrosoft 365のプランを契約し、Exchange Onlineで連絡先を管理している必要があります。
  • Sansanの管理者による外部連携設定および各ユーザーによる個人設定が必要です。
  • Sansanの管理者による外部連携設定を行う際にMicrosoft 365のグローバル管理者または特権ロール管理者でのアクセス許可が必要です。

 

利用開始手順

1.管理者による連携設定の手順

2.各ユーザーの利用開始の手順

 

1. 管理者による連携設定の手順

1. 外部サービス連携画面を開く

「① 管理者設定」メニュー内の「② 外部サービス連携」から「③ Microsoft 365」タブをクリックし、画面を開きます。

 

2. 連携を許可し、テナントIDを入力する

画面上の「①許可する」にチェックを入れると、「② ディレクトリ (テナント) ID 」の入力欄が表示されます。

表示された入力欄にMicrosoft 365のテナントIDを入力し、保存ボタンを押します。

テナント IDは、以下の手順で入手できます。

  1. Microsoft Azure portal ページにアクセスします。

  2. 画面中央のMicrosoft Entra IDの管理ページにアクセスします。

  3. 会社名の下に表示されている「テナントID」項目の36文字をコピーします。

 

3. Microsoft 365の管理者アカウントでログインする

保存ボタンを押下すると、Microsoft 365の画面へ遷移します。設定画面で入力したテナントIDに紐づく組織のグローバル管理者(もしくは特権ロール管理者)の認証情報を入力し、サインインします。

サインイン後、以下のような画面が表示されますので、[組織の代理として同意する]にチェックを入れて[承諾]を押してください。

 

 

連携が完了すると、「連携中」および、接続したテナントIDがSansanの画面上に表示されます。これにて、管理者側での設定は完了です。

 

なお、画面内の設定で一度に保存できるディレクトリIDは1つまでです。テナント IDごとに認証が必要な為、同時に複数のテナントIDの設定を保存することはできません。(回を分けて保存してください)

 

2. 各ユーザーの利用開始の手順

1. 外部サービス連携画面を開く

右上のユーザーアイコン >[設定]の左側のメニューから[外部サービス連携設定]カテゴリ内の[Microsoft 365]をクリックし、連携画面を開きます。

 

2. Microsoft 365に接続する

「連携」ボタンをクリックするとMicrosoft 365の認証画面が開きます。Outlookの連絡先に情報を連携したいMicrosoftアカウントでサインインを行ってください。

認証が完了すると連携が開始され、30分ごとにOutlookの連絡先に同期されます。

なお、マイデータの名刺がすべて連携されます。
連携される名刺情報についてはこちらをご覧ください。

 

 

連携停止手順

1.管理者による全ユーザー連携停止の手順

2.各ユーザー個人の連携停止の手順

 

1. 管理者による全ユーザー連携停止の手順

右上のユーザーアイコン >[管理者設定]>[外部サービス連携]から[Microsoft 365]タブを開き、画面上の[連携解除]リンクをクリックします。

※ 連携を解除すると、全ユーザーの連携が一括解除されます。

 

2. 各ユーザー個人の連携停止の手順

画面右上のユーザーアイコン >[設定]の左側のメニューから[外部サービス連携設定]カテゴリ内の[Microsoft 365]をクリックし、画面を開きます。
画面上の「連携を解除」ボタンをクリックすると、連携が解除されます。

 

よくある質問

Q. Outlookの連絡先を変更した場合、Sansanの名刺情報に反映されますか?

A.反映されません。
SansanからOutlookの連絡先への一方向の同期となるため、Outlookの連絡先が変更されてもSansanの情報は変更されません。

 

Q. Outlookに既に存在している連絡先の情報と同じ情報の名刺をスキャンした場合、どのような動作になりますか?

A.ユーザーが本機能を連携する際に、Outlookの連絡先に「Sansan」というフォルダを作成し、そのフォルダ内に連絡先(名刺情報)を保存します。それ以外のフォルダに存在している連絡先への操作は行わないため、連携する前に登録されていた連絡先の情報は更新されません。

 

Q.「Outlookの連絡先に「Sansan」とのフォルダーが既に存在しているため、連携が完了できません。フォルダー名を変更するか、削除してください。」というメッセージが出て連携できません。

A.以前Outlook連携した際に作成された「Sansan」フォルダが残っていると表示されるエラーメッセージです。Outlookの連絡先にある「Sansan」フォルダを確認し、削除またはフォルダ名をリネームしてください。

 

Q. Sansanから登録された連絡先なのかをOutlookで見分ける方法はありますか?

A.あります。
連携時に作成したフォルダの中に存在する連絡先は、全てSansanから連携されたものになります。
また、連絡先の「メモ」欄にSansanの名刺詳細画面へのリンクが記載されているため、メモ欄で判断することも可能です。

 

Q. Sansan上で名刺情報を更新すると、すでに連携済みのOutlookの連絡先はどうなりますか?

Sansanの名刺情報が変更がされた場合はOutlookの連絡先も更新されます。名刺情報が変更されるのは以下のような場合です。
・メモとタグ以外の項目を手動で編集
・マイデータ内での名刺の名寄せ
・人事異動、連絡先変更ニュースによる名刺情報の更新

 

Q. Microsoft 365でIPアドレス制限を設定している場合どうすればよいですか?

A.お問合せフォームより件名に「Microsoft 365連携に伴うIPアドレス開示依頼」と記載の上ご依頼ください。

 

Q. Outlook上で連絡先情報を変更していても、Sansan上で更新されたら連絡先は上書きされますか?

A.連携対象になっている項目は、Outlookで編集していても上書き更新されます。

 

Q.OutlookはWebブラウザ版とデスクトップアプリの両方で使用しているのに一方にしかSansan の名刺情報が連携されていません

A.以下2点を確認してください。

・Webブラウザ版でログインしているOutlookのアカウントとデスクトップアプリでログインしているOutlookのアカウントが一致しているか

・「連絡先」で展開されていないフォルダに「Sansan」フォルダが含まれていないか

 

Q. 管理者の承認が必要というメッセージが出て連携ができません。(管理者による連携設定の場合)

A. 管理者による連携設定の手順「2.連携を許可し、テナントIDを入力する」で保存ボタンを押したあとに、以下の画面が表示されている場合、Microsoft 365のグローバル管理者(特権ロール管理者)ではないアカウントで、Microsoft 365にサインインしています。

また、PCやブラウザでMicrosoft 365の認証情報を記憶しているため、グローバル管理者(特権ロール管理者)以外のアカウントで認証され、サインインした結果として上記の画面が表示されている可能性があります。そのため、シークレットブラウザや他のブラウザで、再度手順2からやり直していただき、保存ボタンの押下後はMicrosoft 365の管理者アカウントでのサインインを行ってください。

 

Q. 管理者の承認が必要というメッセージが出て連携ができません。(ユーザーごとの連携設定の場合)

A.各ユーザーの利用開始の手順で以下の画面が表示されている場合、「管理者による連携設定」で、[組織の代理として同意する]が押せていない、もしくは権限が不足しているMicrosoft 365のアカウントで設定を進めてしまった可能性があります。

 

その場合、以下の手順で必要なアクセス許可をすることができます。社内のMicrosoft 365のグローバル管理者(特権ロール管理者)に依頼し、管理者の同意を得てください。

  1. Microsoft Azure portalにグローバル管理者(特権ロール管理者)としてサインインします。
  2. 画面中央のMicrosoft Entra IDの管理ページにアクセスします。
  3. エンタープライズ アプリケーションを選択します。
  4. 検索ボックスに当該のアプリケーションID もしくは、アプリケーション名を入力し、当該のアプリケーションを選択します。
  5. [アクセス許可]を選択し、[“tenant名” に管理者の同意を与えます]ボタンをクリックします。

 

 

 

※ Microsoft、Microsoft 365、Microsoft Outlook、Exchange Online、Microsoft Azure portal、Microsoft Entra IDは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

この記事は役に立ちましたか?
138人中98人がこの記事が役に立ったと言っています