Sansan

名刺を一括でリスクチェックする

ポイント

過去にリスクが発見されなかった名刺に対し、最新のデータベースを元に一括でチェックし、リスクのある会社を検出できます。 チェックが済んだ取引先は名刺取り込み時と同様、「要評価一覧」にまとまります。

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

また、本機能では一括リスクチェックの「開始日」を年に一度のみ予約することが可能です。

開始日の時点でデータ化されている名刺が対象となるため、貴社内の名刺取り込みの運用方針に沿って、計画的に利用することもできます。

利用可能期間については以下の「対象名刺と利用可能期間について」をご確認ください。

 

※本機能はリスクチェック担当者のみ利用可能です。

 

対象名刺と利用可能期間について

「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」をご契約の際、本機能の利用開始前に取り込まれた名刺のリスクチェックができる、追加オプションを提供しています。

 

追加オプションの申し込みをしていない場合は、「リスクチェック powered by Refinitiv/ KYCC」のご利用開始以降に、Sansanに取り込まれた名刺が対象となりますので、ご注意ください。

 

一括リスクチェックの開始日の指定については以下を参考にしてください。

 

例:機能の利用開始日が「2020/03/14」の場合、
→ 初回のリスクチェック開始可能日は「2020/03/15〜2020/12/31」の内、いずれかの日
→ 2回目の予約可能日は「2021/01/01 ~ 2021/12/31」の内、いずれかの日
→ 3回目の予約可能日は「2022/01/01 ~ 2022/12/31」の内、いずれかの日
になります。

 

・「手入力で名刺作成」「名刺インポート」など、手動で作成した名刺は対象外となります。

 

ご利用の流れ

1. リスクチェックの開始日を指定する

取引先リスク評価画面にアクセス後、[① 設定] > [② 開始日を指定] > [③開始日を指定]ボタンから、
リスクチェックの開始日を指定します。 

 

開始日の時点でデータ化されている名刺が対象となるため、開始日のタイミングで意図した名刺が対象となるかを改めてご確認の上日付を指定してください。

 

2. 2回目以降の開始日を予約する

初回以降のリスクチェックに関しても、前回の開始日から翌年の日付を指定することで、複数件予約しておくことができます。

 

3. 開始日を変更するには

リスクチェックの開始前であればいつでも削除可能ですので、削除してから再度開始日を指定してください。また、完了したリスクチェックは削除できませんのでご注意ください。

 

その他

  • すでに評価済みの取引先について、新しくリスク情報が検知された場合、評価済み一覧の「リスク情報アップデート日」が更新されますので、リスク情報を確認し、再度評価を行ってください。
  • 名刺取り込み時点ではリスク情報がなかった取引先に対し、その後、新たにリスク情報が紐づいた場合、[要評価一覧] の [取引先リスクあり] に表示されます。

     

関連ページ

リスクチェック担当者についての詳細はこちら

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています