Sansan

社内のリスクチェック一覧をインポートする

ポイント

貴社内で別途管理している反社チェック関連のリスクチェック一覧をインポートし、「評価済み一覧」上で一括管理することができます。
※ 本機能はリスク確認担当者のみ利用可能です。リスク確認担当者についてはこちらをご覧ください。

 

ご利用の流れ

1. インポートするファイルの準備

[取引先リスク評価] 画面の [評価済み一覧] タブ内、「① ファイルをインポート」ボタンから、インポート画面を開きます。
「② フォーマットのダウンロード」ボタンから、CSVファイルをダウンロードし、以下の「入力ルール」に従ってインポートするファイルを作成します。

 

入力ルール

項目 必須項目 使用できる文字種 最大文字数 説明・注意事項
会社名 制限なし 250文字まで 会社名を入力します。
住所 制限なし 1,000文字まで 住所を入力します。
郵便番号の入力は不要です。
電話番号   数字、一部の記号(+-().#_)のみ 30文字まで 電話番号を入力します。
評価判断 半角数字 1文字まで 「取引不可」の場合は数字の「1」を、
「取引可能」の場合は数字の「0」を入力します。
備考   制限なし 1,000文字まで 判断結果や理由を入力します。

 

その他の注意事項

  • 一度にインポートできるのファイルサイズは50MBまで、ファイル内の会社数は100,000件までです。
  • ステータスが「取り込み中」のものがある場合、新規の取り込み開始はできません。
  • ファイル名は拡張子(.CSV)を含め、100文字以内にしてください。

 

2. ファイルをインポートし、取り込みを開始する

「① 統合したい会社一覧をインポート」ボタンから、準備したファイルを選択し、インポートします。
ファイルをインポートすると、プレビューが表示されます。
プレビューの文字化けなどの問題なく表示されている場合は、その下にある「2. 取り込みを開始」の「② 開始」ボタンから取り込みを開始します。

 

3. インポート結果を確認する

取り込み開始後は、完了結果が画面下部に表示されます。完了結果は「備考」欄に以下のように表示されます。
また、完了結果メールが送信されますので、メール内のリンクから「取り込み結果一覧」を表示し、取り込みの結果を確認できます。

 

完了結果

種類 説明 ダウンロード可否
正常完了 問題なく「評価済み一覧」に統合されています。 [評価済み一覧] 画面からダウンロード可能
名寄せ不可 「評価済み一覧」に統合されていますが、取り込んだファイル内の会社情報がSansan上の会社情報データベースに結び付いてない状態です。
対象の一覧をダウンロードできるので、再度インポートを試みることができますが、Sansan上に会社データベースがない場合は再度インポートしても名寄せできない場合があります。
インポートした本人のみ可能
読み込み失敗 会社情報の文字数の制限超えや入力ミスにより、「評価済み一覧」に統合されていません。
対象の一覧をダウンロードできるので、再度インポートを試みることができます。
インポートした本人のみ可能

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています