Sansan

データ化枠を消費する名刺データ対象一覧

Sansan サービスを利用した名刺データの取り込みにおいて、データ化枠を消費し、契約枚数を超過した場合は請求対象となるもの、および請求対象外となるものは以下の通りです。

 

データ化枠を消費する対象

  • Sansan スキャナから取り込んだ名刺
  • Sansan スマートフォンアプリでスキャンした名刺
  • オンライン名刺交換で受け取った名刺
  • Eight連携にてEight から取り込んだ名刺
  • 画像ファイルをアップロードした名刺
  • Sansan Open API「名刺画像登録API」で取り込んだ名刺

 

備考

  • Eight連携にて取り込んだ名刺は、スキャン名刺等で保証しているサービスレベルの保証対象外となります。

 

データ化枠を消費しない対象

  • 手動で新規作成した名刺
  • 名刺インポートで登録した名刺
  • Sansan Open API「名刺データ登録API」で登録した名刺
  • 管理者によってプロフィールページから作成されたオンライン名刺
  • 名刺メーカーから支給された名刺
  • Sansan Seminar Manager連携の名刺

 

関連ページ

データ化枠を消費する対象

 

データ化枠を消費しない対象

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています