Sansan

リスク検索とは/取引先のリスクを検索する

Sansanに名刺を取り込まなくても、本機能で特定の人物や会社を検索して、リスク情報があるか確認することができます。

この機能を利用するには、「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」を契約し、リスク検索機能を有効化する必要があります。

※本機能はリスクチェック担当者のみ利用可能です。
※本機能のご利用には、有効化の際の同意事項の承諾が必須です。

 

目次

 

設定方法

「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」の設定から、リスク検索機能の有効化をする必要があります。

[① 管理者設定]>[② Sansan Plus]>[リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC]の右側にある[③ 初期設定を開始]、または[③ 設定を編集]をクリックします。

 

利用設定の[① 有効化する]をチェックをいれ、[② 保存]をしてください。
同意事項の内容を確認し、[③ 上記の内容に同意する]にチェックを入れて、利用開始をします。

  • リスク検索利用開始時の同意事項への承諾は必須です。内容をよくご確認の上、[上記の内容に同意する]にチェックをし、利用を開始してください。
  • 「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」を利用開始している場合、どちらかのリスク検索を有効化すると、もう一方の利用設定も、自動的に有効化されます。

 

 

利用開始されると、取引先リスク評価の画面に、[① リスク検索]のタブが表示されます。
月間の検索件数は、[② 今月検索した回数]から確認することができます。

 

リスク検索の活用方法

1.検索をする

[メニュー] > [取引リスク評価]をクリックすると、リスク検索画面が開きます。
検索する対象を指定し、検索をします。

 

2.評価をする

① 検索結果があった場合、取引先の情報と一致しているか確認してください。
② リスク情報があった場合は、[情報あり]と表示され、リスクの詳細を確認することができます。
③ 検索結果のリスク情報を紐付けて評価する場合は、[評価する]または[再評価する]から評価してください。
④ 該当するリスク情報がなかった場合は、[取引先評価を登録する]から、取引可の記録をしてください。

 

新しく取引先の評価をする場合、[取引先評価を登録]の画面が開きます。

① 会社名、または個人の取引先の場合は、個人名を入力してください。
会社に所属している人物を評価する場合は、会社名を入力してください。
②備考に、判断した内容、日付などを記載すると、管理しやすくなります。
③[会社名]、[住所]、[電話番号]が全文一致する評価済みの取引先があった場合は、評価が上書き保存されます。備考の内容は、追記される形で保存されます。

保存すると、評価済み一覧に追加されます。

 

関連ページ

リスクチェック担当者についての詳細はこちら
リスクチェック powered by Refinitivについてはこちら
リスクチェック powered by KYCC についてはこちら

この記事は役に立ちましたか?
6人中5人がこの記事が役に立ったと言っています