ファイルからユーザーを一括追加、変更、削除する

CSVファイルでユーザ名、権限などのユーザー情報を指定してインポートすることにより Sansan に一括で追加・変更・削除・一時停止ができます。

 

注意点

ユーザーを追加する

  • ユーザー追加完了し利用開始日になると対象ユーザーのメインメールアドレス、サブメールアドレスに、アカウント発行のお知らせが送付されます。詳細はユーザーを追加するの「ポイント」を参照してください。

 

ユーザー情報を変更する

  • インポートでのユーザー情報変更は、既存データを上書きで更新します。既に登録済みのユーザーがCSV上に記載されており空欄の項目がある場合は、インポートすると空白で上書きされるためご注意ください。
  • 変更可能なユーザー情報と付与できる権限の詳細はユーザー情報を変更するを参照してください。
  • 変更が完了すると、その内容を貴社システム管理者にメールで通知します。
    なお、ユーザーのユーザ区分、または各権限が変更された場合、対象ユーザーにもメールで通知します。

 

ユーザーを削除する

  • 既に登録済みのユーザーがCSV上に記載されずにインポートした場合は、ユーザーは削除されません。
    ユーザーを削除したい場合は、下記手順のとおり削除フラグを付与してインポートしてください。
  • ユーザーを削除しますと、ユーザーが所有する名刺・コンタクト・タグも削除されますのでご注意ください。 所有者変更する
  • ユーザーを削除した場合の影響はユーザーを削除するを参照してください。
  • 削除が完了すると、その内容を貴社システム管理者にメールで通知します。削除対象ユーザーには通知されません。

 

ユーザーを一時停止する

  • ユーザーを一時停止したい場合は、下記手順のとおりアカウント状況を「inactive」に変更してインポートしてください。
  • ユーザーを一時停止した場合の影響はユーザーを一時停止するを参照してください。
  • ユーザーの一時停止が完了すると、その内容を貴社システム管理者・停止対象ユーザーにメールで通知します。

 

共通

  • 本機能の利用には、管理者権限が必要です。
  • インポート時間の目安は100件あたり10分です。対象のユーザー数により、多少お待ちいただくことがあります。
  • 50人以上のユーザーを一括で追加された場合、貴社システム管理者の完了通知メールに対象のユーザー一覧が添付されます。
  • インポートファイル内にユーザIDやメールアドレスが重複している場合はインポートできません。重複を削除して再度インポートを行なってください。
  • Microsoft Excel でCSVファイルを編集される場合、項目の先頭に「0」を入力するとゼロ落ちします。先頭に「'」(半角のシングルクォーテーション) を付けてインポートしてください。例)「'001」
  • 既にユーザーを1000名以上ご登録の場合は、インポート完了までに数時間お待ちいただくことがあります。

 

 

手順

1. 画面右上の [管理者設定] > [ユーザ追加・変更] をクリックします。

 


2. [ファイルからの読み込み] をクリックします。

 


3. 専用フォーマット (CSVファイル) をダウンロードします。その他、現在のユーザー情報をダウンロードして、そのデータを基にすることもできます。 ユーザー情報のダウンロードはユーザー情報のファイルへの書き出し (ダウンロード、エクスポート) を参照してください。

 


4. CSVファイルを作成します。
① 追加 の場合は、新しい行にユーザーを追加してください。
② 編集 の場合は、編集したい項目を修正してください。
③ 削除の場合は、削除するユーザーの削除フラグに "1" を入力してください。
※  追加と編集を同時に実施したい場合は、編集したいユーザー情報を編集し、追加したいユーザー情報を新しい行に追記してください。削除も同時に実施可能です。
④ユーザID変更の場合は、新しいユーザID列に変更後のユーザIDを追記してください。
※ 「新しいユーザID」項目は新しいフォーマットのCSVファイルに追加されています、ご利用の際は再度CSVファイルをダウンロードしてください。なお、すでにご利用のCSVファイルの行末への追加でも実施可能です。
⑤一時停止の場合は、停止するユーザーのアカウント状況の項目に "inactive" を入力してください。停止中のユーザーを利用中に変更したい場合は”active”を入力してください。

 


5. 作成、編集したファイルを選択します。

 


6. ファイルの内容を確認します。
ファイルの先頭の数行が表示されます。ファイルの内容や区切り文字の指定に問題がないか確認してください。
問題があれば、ファイルを修正し、アップロードし直してください。

 


7. [読み込み開始] をクリックするとインポートが開始されます。

 


8. インポート開始直後のステータスは [インポート準備中] です。

 

よくある質問

Q : 複数の部署を兼務しているユーザーも追加できますか。
A : できます。複数の部署は、セミコロンで区切って入力してください。

Q : ステータスに「エラーあり」と表示されます。
A : インポートファイルの形式や、入力データに誤りがございます。再度ファイルをご確認ください。詳細はこちら

Q : ユーザーを削除してしまいました。元に戻せますか。
A : インポートにより削除したユーザーを元の状態に戻すことはできません。

Q : サブメールアドレスを空白で上書きしてしまいました。元に戻せますか。
A : インポートにより空白で上書きされたユーザーを元の状態に戻すことはできません。再度、ユーザー情報を編集してください。(サブメールアドレス、SAML Name IDは空白で上書き更新が可能です。)

Q : 「別契約で既に利用されています。」と表示されます。
A : 別契約でご利用中の情報(メールアドレス、SAML Name ID)を重複して登録することはできません。別のメールアドレス、SAML Name IDでユーザー追加してください。

Q : インポートする項目に文字数制限はありますか。
A : はい。各項目に入力ルールがあります。詳細はこちら

 

※ Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

この記事は役に立ちましたか?
135人中30人がこの記事が役に立ったと言っています