案件管理とは

案件の進捗や状況を確認するための機能です。案件に対してどのような営業活動が行われてきたか、何をすべきかを共有することができます。

 

ポイント

本機能をご利用頂くには、案件管理の利用権限が必要です。権限付与方法はこちら

 

1. 名刺を案件の関係者・取引先として登録することができます

案件を登録する際は、取引先・関係者を名刺で紐付けます。会社名や担当者名入力の手間が少なく済みます。また、ユーザ間での入力のブレがなくなり、後からの検索が容易になります。

 

2. 案件と同時にリマインド・コンタクトを参照することができます

案件と名刺が紐付くことで、関連するリマインドやコンタクトを合わせて表示します。取引先・関係者に対する次のアクションや今までのアクションも同時に確認できます。

 

3. 多様なフォーマットで項目を作成することができます

案件で入力・管理すべき項目は案件マスタにて定義します。必要に応じてマスタ単位に様々な種類のカスタム項目を定義・作成することができます。数値、テキスト、ファイル添付、日付など、様々な入力値に対応していますので、管理したい内容に応じて柔軟にマスタを作成できます。

 

関連ページ

一般ユーザ向け機能については以下ヘルプページをご覧ください。
※ 案件管理をご利用になる際は、事前に案件管理機能の管理者が案件マスターを作成する必要があります。案件機能の管理者は、Sansanのシステム管理者とは異なります。

 

管理者向け機能については以下ヘルプページをご覧ください。