Sansan

Google Cloud™ とGoogle Workspace™ にてメール署名取り込み連携のための設定をする

ここでは、Google Workspace の Gmail™ とメール署名取り込みを連携するための、Google Cloud と Google Workspace 上の操作手順についてご案内します。
こちらのヘルプページと併せてご覧ください。

 

目次

 

連携概要

連携概要は以下の通りです。

 

1. Google Cloud の操作

Google Cloud で、当機能で利用するサービス アカウント キー ファイル (JSON 形式) を発行します。また、Gmail API を有効化します。

1-1. Google Cloud (https://console.cloud.google.com/) にログインします。



1-2. 「プロジェクトの選択」をクリックし、「新しいプロジェクト」をクリックします。
※ 作成済みのプロジェクトを利用することも可能です。



1-3. 任意の「プロジェクト名」を入力し、「組織」と「場所」を指定し「作成」をクリックします。



1-4. 作成したプロジェクトを選択します。



1-5. 左メニューの「IAM と管理」から「サービス アカウント」を選択します。



1-6. メニュー上の「+ サービス アカウントを作成」を選択します。



1-7. 「サービス アカウント名」を入力し完了を選択します。



1-8. 「...」を選択し「鍵を管理」をクリックします。



1-9. 「鍵を追加」 > 「新しい鍵を作成 」> 「JSON」 > 「作成」 を選択し、秘密鍵を作成します。



1-10. 秘密鍵がPCにダウンロードされます。



1-11. 検索ボックスに “ gmail api ”と入力し「 Gmail API 」を選択します。



1-12. 「有効にする」をクリックします。



2. Google Workspace コンソールの操作

ドメイン全体の権限を委任し、組織の管理者が、ユーザーのデータにアクセスすることを、サービス アカウントに対して許可します。

2-1. Google Workspace ( https://admin.google.com/AdminHome?hl=jp ) にアクセスします。
左メニューから、「セキュリティ」>「 API の制御」を選択します。



2-2. ドメイン全体の権限をサービス アカウントに委任します。
ページ下部の「ドメイン全体の委任を管理」を選択します。



2-3. API クライアントの「新しく追加」をクリックします。



2-4. 手順 1-10 で保存した JSON ファイルをテキスト エディタで開き、”クライアント ID ”をコピーし貼り付けます。
※ JSONファイルをテキスト エディタで開いた後は、フォーマット変更の恐れがあるため上書き保存しないでください。



2-5. “https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly” をコピーして貼付けし、「承認」をクリックします。



3. Sansan 側でのメール署名取り込み設定

Sansan 管理画面で、サービス アカウント キー ファイル (JSON 形式) を保存します。
メール署名取り込みを有効化し、ユーザー連携を ON にします。

詳しい手順はこちらをご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています